人気のフランチャイズ小売業~ギョギョギョな人気事業~

フランチャイズで開業

主にかかる費用について

フランチャイズで手軽に始めれる小売業の代表のコンビニをはじめた場合、いったいどのぐらいの費用がかかってくるのでしょうか。 まずかかる費用としては、加盟金、開業準備金、商品代金、研修費用、などがブランドによりますが300〜500万程度かかってきます。 さらに土地を自分で持っている場合はいいのですが、もっていなければ本部から土地を借りる必要があります。全部で1000万ぐらいです。 まず初期費用としてこれぐらいの費用がかかってきます。 運営し始めてからは、普通の商売のときにかかる仕入れや光熱費に加えて本部に払うロイヤリティが発生します。ロイヤリティは会社によっても違うのですが売り上げの40%程度かかるところもあります。おおよそこれぐらいの費用がかかります。

フランチャイズの特徴

フランチャイズの小売業の代表コンビニの特徴について述べていきます。 まずはフランチャイズビジネスのいいところは未経験で本部からノウハウを聞くことができ、スムーズな出だしが可能となります。また、フランチャイズの形態をとることにより先発店舗が築いたブランド力を活かせる一方、ある程度自分の裁量で仕事できることです。そしてコンビニという小売業のメリットは身近になくてはならない業態なので、後からの参入が比較的容易にできることです。また、店舗型小売業は現在Eコマースの拡大により押されている現状があるが、食品を扱うコンビニはネットショッピングに取って代わられる可能性が低く、まだまだ何十年も先を見据えてやっていけるビジネスになっています。